ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
マドレボニータ
私は今日で産後9ヶ月が経ちました。

私はRくんの産前・産後に、「産後女性の健康の回復と増進」のプログラムを研究・開発・普及する活動をしているマドレボニータのボディケア&フィットネス教室に通っていたのでそのお話を少し。

まず、Yくんの妊娠・出産は、腹痛に始まり自宅安静で会社を休み計画出産・無痛分娩(といってもすんなり産まれず)でした。産後もすぐに自宅で家事をしていました。後に、「産前・産後にバランスボールで運動する」と聞き、妊婦がバランスボール?!!!と、ビックリしましたが興味深々で、Rくんを妊娠した時にすぐに調べ、当時は仕事をしていたので産休に入ったら通うのを楽しみに、そして出来るだけ自然なお産を選び過ごしていました。

産前クラスは、1回120分×3回で体力作り・産後のセルフケア・パートナーとのコミュニケーションの大切さなどを教えてくれます。
実際に吉祥寺の吉田紫磨子先生のクラスに産前クラスに通う時には、すでに私のお腹はポンポコリン。“バランスボールでゆらゆらしたりするのかなぁ”と思って行ったところ、普通のエクササイズと同じくらい弾んで弾んでの運動量には衝撃でした。そして、妊婦の自分を労わる=甘やかしていたので運動をして清々しい汗をかくのは爽快でした。妊婦は、つわりに始まり体重の増加・むくみなど様々なだるさがありますが、久々にすっきりしました。もう、それからは残りの2回も楽しみで、どんどんお腹も大きくなるし、弾みも大きくなるしで鏡の自分が笑えました。
そして、セルフケア・産褥期の過ごし方なども教えて頂きました。その中でも『骨盤呼吸法』という、骨盤・背骨・頭蓋骨を動かし神経をリラックスさせる呼吸法は、寝苦しい臨月の就寝前・陣痛の時・産後の疲労時・便秘の時にも欠かせないものになり今でもj実践しています。

産後クラスは1回120分×4回で紫磨子先生のクラスに通いました。赤ちゃんを真ん中に寝かせて、周りでママたちがバランスボールで弾みます。
産前クラスよりも動けるかと思いきや、お腹に重りが無くなり不安定で産後の体力の消耗を感じいましたが、育児の疲れが流れていく感じが心身共に楽になりました。他に、どこでもできるセルフケアを教えてもらい、2人1組でシェアリングもします。「仕事・人生・パートナーシップ」をテーマにマインドマップを作成し相手に聞いてもらう、また、相手の話も聞いてまとめるということを時間を区切って行います。シェリングより運動をして汗をかきたい気持ちがありましたが、このシェアリングが産後の頭には凄いリハビリでした。時間内で自分と向き合うことで確かなものが見えてきます。月日が経てば経つほど、マインドマップを通して自分が考えていたことの点と点が繋がっていきます。


産前・産後クラスで教えていただいたことは、産後9ヶ月の今でも役に立つことばかりです。そして、皆、同じ課題を抱えていたりすることがわかり心強かったです。その課題に向き合うには、イライラしている時にも“ぷんぷんおばさん”(マドレボニータでは有名なおばさん)ではなく、パートナーと話すことが大切だと再認識させてくれました。

そして、クラスでお友達が出来たことが財産です。今でも、みんなと仲良くさせてもらっています。仲間の中に、福島から妊産婦を支援する里帰りプロジェクトを利用してマドレに出会い産後セルフケアインストラクターを目指している奈々さんがいらっしゃいます。明るく元気な奈々さんがもの凄く頑張っている姿を目の当たりにし、マインドマップの中で『ブログを始める』が私の目標の一つでしたので取りかかることが出来ました。

紫磨子先生、みなさんどうも有難うございます。

最後に、話はそれますが、『産褥期=特に産後1ヶ月は母親のホルモンバランスが崩れ体力回復の為にも赤ちゃんとゆっくり過ごす期間』ですが、私は2週間は実家にYくん・Rくんとお世話になり家事とYくんのお世話は母にお願いしていました。産後ウツにならないように最大限の予防線を張っていましたが、自分では気が付かないうちに気持ちがキリキリしてしまう時期があり今思い返すときつかったです。産褥期は侮るなかれでした。そんな中、ケアしてくれたお母さん、どうもありがとう。
[PR]
by ogiake | 2012-04-01 12:52 | 好きなひと・こと・もの | Comments(0)
<< お団子 カイワリ >>