ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
あんこ入りわらび餅
今日は暑かったので、あんこは少し重かったのですが、あん・わらび餅・きな粉の組み合わせ捨てがたく迷わずチョイス。
a0257385_1521186.jpg

・あんこ入りわらび餅

あんこの周りをうっすらとわらび餅で包んであり、きな粉がまぶしてあるお餅。
わらび餅のやわやわな食感に癒された午後。

いただく時に、てっぺんのきな粉が取れていたので、きな粉を振ったのできな粉が2色に。

器は、義夫が、ホウの木のへぎ板を輪花型にカットしたもの。
へぎ板は、板を繊維に沿って割ったもので、のこぎりが無い古代から使われている技法。
その割った面をお皿の表に使い、自然な木目の表情を楽しむ作品。

漆器は、幾つもの幾つもの工程を経て作り上げていきます。
主人達も、漆を塗る前までには、木を選ぶことに始まり、後に形が歪まないように何度か木を乾燥させ、どうしたらその木の風合いが生かされるか、様式の美を考えてデザインします。
そして、成形していきます。
全て、その先にどなたかに使っていただいて初めて生かされます。

今日使った器は、木・漆・使い手への想いが伝わってくる1枚です。
[PR]
by ogiake | 2012-06-18 01:50 | パン・お菓子 | Comments(0)
<< いつもの朝 モビール >>