ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
名人の干し芋
1月は雪を
2月は雨を
3月は突風を
4月は花々を
と、マザーグースの歌があります。

歌の通り、我が家の窓からの景色も真っ白です。

昨晩、奥久慈工房の出張から帰ってきた主人は、毎年、この時期のお楽しみを持って帰って来てくれました。
a0257385_21263866.jpg

・名人の干し芋
茨城県のさつま芋・干し芋は、とっても美味しいですが、その中でも、こんなにも美味しい干し芋はなかなか無い程のお味と食感です。
丸々としていて、柔らかくて、ねっとりとしていて、甘くて、自然の恵みにはどんなお菓子も敵わないことを実感します。

主人がお世話になっている方が、毎年、名人にお願いをして、私たちにもくださいます。
名人は、ご高齢で、干し芋を作ることが大変な作業とのことですが、なんとか今年も譲っていただけたそうです。

ご馳走様でした。
[PR]
by ogiake | 2013-01-14 21:46 | 好きなひと・こと・もの | Comments(2)
Commented by urushi-yoshiko at 2013-01-15 18:27
丸ごと干し芋っておいしいですよね♫
私も初めて食べた時は衝撃で言葉が出ませんでした!!
あ〜・・・・甘くって・・・あの食感・・・・
画像でごちそうさまでした(爆)
Commented by ogiake at 2013-01-15 21:55
yoshikoさん
私も、毎年、衝撃です(●^o^●)。

やっぱり、素朴なものの美味しさは格別ですよね。でも、手間暇がかかっていて感謝な美味しさでした。
<< 籠蔵 ベジローフ >>