ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
お味噌作り2013
cafeふたつの木の味噌作りWSに、YくんとRくんと行って参りました。

木彫りのお雛様がお出迎。
小さくて、細やかで丁寧な職人仕事。
a0257385_2183730.jpg


お味噌は、自宅でも作れますが、今の私の生活環境を考えると、納得のいく材料を自分で揃えることから始まり、準備をすることは容易ではないので、信頼のおける方に段取りをお願いして作った方が、Yくんと一緒に楽しめると思ったので、参加。
a0257385_2127139.jpg

大豆を潰して、麹とお塩を踏み混ぜるYくん。
その後ろで、茹でた大豆をつまみ食いするRくんと、ガールフレンドのKちゃん。
a0257385_2110165.jpg

お団子にして、詰め詰め。
お団子にしている横から、お団子を投げて潰すRくんには、困りましたが、なんとか出た!!!

Yくんの初めてのお味噌作り、出来上がるのは、半年後、とても楽しみです。
[PR]
by ogiake | 2013-02-28 21:08 | お稽古 | Comments(6)
Commented by urushi-yoshiko at 2013-03-01 09:28
私がまだ小さかった頃は、実家でも味噌作りをしていました。
その時の光景はよほど衝撃的だったのか、所々記憶があるんですよ・・・
おこちゃま達もきっとこの日の記憶は大きくなっても何処かに残るはず
素敵な体験でしたね。
Commented by ogiake at 2013-03-01 20:57
yoshikoさん
本当ならば、お味噌はその家庭の味があるんですよね。
当たり前のことを、しなくなってしまって、教科書で、お味噌はどうやってできているのか?何からできているのか?教わるのは・・・と思います。

出来ることから一緒にやってみたいです。

今回は、皆で賑やかに作ったので、子供たちのわんぱくにも、眉間に皺を寄せることなく、楽しく出来ました。
Commented by ななほ at 2013-03-01 21:28 x
昨日はありがとう!仕上がりが今から待ち遠しいね。

娘、Yくんに遊んでもらったのがとっても楽しかったみたいで帰る時は「Y くんの車は?」と何度も聞いてきたし、夜は「今日は何が楽しかった?」って聞いたら「Yくん、いたの」って言ってたよ。Yくんに娘に優しく遊んでくれてありがとうって伝えてね。
Commented by 明子 at 2013-03-01 21:41 x
本間さん、こんばんは(^-^)
ちょうど、実家で母も味噌作りをしているようで、9か月待つのも楽しみとメールがきました。

手作りを楽しむ余裕がある生活も素敵ですよね。私も今度母のお手伝いをしようかな(笑)

出来上がりが楽しみですね☆
お雛様、可愛い!
Commented by ogiake at 2013-03-01 22:38
ななほちゃん
こちらこそ昨日はどうも有難う。
ななほちゃんがいてくれたので、Yくんにイライラせずに済んだわ。
あれでも、昨日は、落ち着いていた方だけど(@_@;)。

自宅で、一人+子供とでは、笑顔でいられない作業よね。
一緒にわいわいと出来て楽しかったわ。
また今度、一緒に作りたいね。

YくんもRくんも、Kちゃまが大好きだから、嬉しい♫。
微笑ましいね~。
Commented by ogiake at 2013-03-01 22:43
明子さん
毎年、お味噌を作られる明子さんのお母様を思い出しながらの作業でした。

今では、お味噌を作るのが“余裕があれば”になってしまって、残念よね。

明子さんのお雛様も思い出がたくさん詰まっているのでしょうね。
お雛様に会いにご実家に帰られたのでしょうか。
1年に1度、待っているはずよ。
因みに、片付けるのが遅くなると婚期が・・・というのは、迷信だとラジオで言っていました(笑)。
<< cafe Kaila いちごの雫 >>