ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
九份へ 台湾②
かつて金鉱の町として栄えた九份に足を延ばしてみました。
a0257385_18223397.jpg

台北から、母・兄・私・子供4人連れで電車とタクシーで。
a0257385_18155524.jpg

生憎の雨模様。
a0257385_18231379.jpg

土曜日ということもあって、すっごい人!人!人!。
a0257385_18251249.jpg

台湾ソーセージ
a0257385_18335698.jpg

漢方を使った煮物
この香り、今でも、鼻に残っています
a0257385_18373211.jpg

魚のお団子
a0257385_18394775.jpg

お餅

など、行列が出来ているお店を見ながら、ぞろぞろと人の波に従うこと10分、
お目当ての風景に辿り着きました。
a0257385_18282694.jpg

映画『千と千尋の神隠し』の参考になったと言われるのも納得で、タイムスリップしたようでした。
a0257385_1830494.jpg

霧の中、とても幻想的でした。

是非、行ってみたかった九份茶坊・水心月茶房というお茶を楽しむ茶芸館は、残念ながらのんびりと行けませんでしたが、とても素敵な空間でした。

交通の面や、暗闇に行燈の灯を味わうのであれば、夜のバスツアーなどが、良いかもしれません。

子供が成長したら、ゆっくりと行きたいです(笑)。


時代を想わせ、根付いた文化に感動しました。
[PR]
by ogiake | 2013-04-05 13:46 | 好きなひと・こと・もの | Comments(0)
<< お気に入りの水果(フルーツ) 台湾③ ただいま~♫ 台湾① >>