ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
お迎え
昨日は、実家でお盆の迎え火を過ごしました。

日が沈んでから、ご先祖様をお迎えに。

私が小さな頃は、家から少し離れたところまで、お迎えに行っていましたが、そこは、マンションが建ち、今のところへ何度か引っ越しをしてきました。

子供心に“場所が変わって大丈夫かな?”と、心配したものでした。

a0257385_23283359.jpg

牛に見立てた茄子、馬に見立てた胡瓜を持つ担当は、
Rくん。
ブンブンと、振っていたので、いつの間にか、手綱のかわりのそうめんが、何処かへ。

a0257385_23292429.jpg

提灯を灯して道案内をする担当は、Yくん。
途中、“ご先祖様に食べさせてあげよう”と茄子を取ったり。

今年のお盆は、牛と馬を振り回され、畑に寄り道をさせられ、ご先祖様は、とんだお迎えが来たと、さぞ、驚かれたかと思います。


迎え火の日の夕方は、用事を入れずに、家族揃って、お迎えに行っていました。

その習慣が残っていて、嫁に出た今でも、行きたい衝動が。

そして、子供たちにも、お盆の準備をして、お迎えに行って、帰って来てから、お供えをして、皆でお夕食をいただく、温かさを味わって欲しくて、忙しい最近でしたが、実家に帰ってきました。
[PR]
by ogiake | 2013-07-14 23:53 | 息子たち | Comments(0)
<< レタスと豚バラ肉のスープ仕立て 料理道具:銅鍋 >>