ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
豊島産婦人科
私が忘れられない食事の一つは、Rくんを出産した産院のお食事。

産後のお母さんの体の回復と、母乳のことを考えた、動物性食材・油は使わず、添加物も極力控えたお料理でした。

朝は、
a0257385_4162285.jpg

質素ですよね。
でも、とっても美味しかったんです。

小松菜のお浸しが、どっさり。
でも、美味しくて美味しくてペロリ。


別の朝は、
a0257385_425595.jpg

胚芽米に、キャベツのお浸し、滋味深かったなぁ。


お昼は、
a0257385_4281939.jpg

麻婆豆腐風。
毎食、ご飯は大きい丼一杯と、結構多く“食べられるかな?”と、思いましたが、どれも美味しくおかわりしたいほどでした。 

お夕食は、
a0257385_4305072.jpg

右上は、豆腐ステーキにきのこと高野豆腐のタレ。
どれも、私好みの味付け。
焼物・炒め物も油を使っていないとは思えない出来。


あと、『南瓜の黒胡麻煮』も感動的に美味しくて、自分でも何度も何度も作っていますが、同じようにはできません。

自宅に帰ってからも、入院中の食事を思い返して“こんな感じのメニュが、体にいいかな”と、考えられるようになりました。


豪華な入院食の産科もありますが、私には最高に贅沢な食生活を送った数日間。
今でも、食事に伺いたいほどです。

明日に続きます(笑)。


↓↓↓
ここからは、付け足しです。
ここからは、書いていいものか。らすごーーーく迷いました。

この産院は、ご子息に代替わりをし産院も建て変わりました。
私は4年後に3人目を出産しました。
助産師さんは変わらずいい方ばかりで食事も美味しかったです。
ですが、産前前の検査にミスがあり、産後は非常に苦しみました。
表面上は解決ですが、私の心には深い傷を負い払拭出来ません。
全ては、院長先生の対応が、医師として人として最低だったことです。

食事を絶賛したこのブログを消去すればよいのですが、患者は弱者なんだと痛感したせめてもの私の抵抗です。

[PR]
by ogiake | 2013-07-25 04:45 | 好きなひと・こと・もの | Comments(6)
Commented by urushi-yoshiko at 2013-07-25 11:13
すごくバランスのとれたお食事ですね。
私の時は、とにかく南瓜が出ていた記憶があります。
もう26年も前だけどね
入院中は三度のゴハンが待ちとおしかったな・・・(笑)
Commented by ogiake at 2013-07-26 04:30
yoshikoさん
おはようございます。

南瓜は、yoshikoさんにとっても、私にとってもも、産後の思い出の詰まったお野菜の一つなんですね。そうゆう方、多いのかもしれませんね。

噂には聞いていた入院食が、あまりにも美味しすぎて、産まれたばかりの我が子を記念撮影するために持ち込んだカメラは、すっかり、お食事に向いていました(笑)。

産後の祝い膳として、豪華なフルコースの病院もあるので、自分に合った産院でないと、がっかりしてしまう様です。
Commented by ななほ at 2013-07-26 21:08 x
おいしそうー!次があったら豊島さんにしようかな( ̄∇ ̄)建て変わってきれいになったし!
Commented by ogiake at 2013-07-27 01:26
ななほちゃん
お久し振り❤。
そうそう、豊島さん、建て替わって綺麗になったの。
よく前を通るよ。
(じゃがいもドーナッツ屋さんの近くよ)。

ぜひぜひ、お薦め!
Commented at 2017-03-26 21:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ogiake at 2017-05-29 15:41
鍵コメさま
コメント有難うございます。
長い間 このブログを開くことすら余裕のない毎日で、コメントをいただいていたことを存じ上げませんでした。
無事に産院は見つかりましたか?
お力になれずに申し訳ございませんでした。
健やかなご出産を迎えられることを私も陰ながら願っております。
<< 豊島婦人科レシピ 今日の副菜 >>