ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
立仙さんからの贈り物 / パティスリー ラ・グリシーヌ
Yくんも、来年は小学生。
我が家では、Yくんのランドセル選びの真っ最中。
ランドセルは、単なる道具だけではなく、色々な気持ちが込められたとってとっておきの一つですね。


Yくんのランドセルの物語は、遡ること、今から6年前。
義父と長い間一緒に仕事をしていた、立仙さんという女性がいらっしゃいました。
主人が子供のころから近くにいて、主人が漆の仕事についてからは、大きな存在でした。
そして、数年間の闘病の後、Yくんが産まれた翌日に他界されました。

その後、間もなく、立仙さんから、一通のお手紙とYくんへのお祝いが届きました。
病床で用意してくださっていた様です。
生まれたばかりの小さなYくんを抱きながら、Yくんには、立仙さんという愛して下さる人がいると思うと、心強く感じました。

いただいたお祝いを、何に使うか?主人と凄く迷いました。
成人するまで、貯金をしても・・・。

でも、私たちは、小学校に入る節目を選びました。
6歳になったYくんに、きちんと、立仙さんの話をしよう、そして6年間、立仙さんに守ってもらえるように、との想いを込めて。


そんなランドセル。
ランドセルと言えども色々。
やっとお店も決まり。
a0257385_21303288.jpg

色はなんとか『黒』に決まり。
上から、コードバン(馬のお尻)・総牛革・人工革。

どの素材も一長一短。

先輩ママさんからは、“男の子はランドセルもポイッと放り投げるし、学校が始まってしまえば、買うまでの盛り上がりが嘘の様”と、聞きますが、やっぱり迷います。


と、迷いながら、先日、伺ったパティスリー ラ・グリシーヌへ。
a0257385_21313321.jpg

私が選んだのは、チョコレートケーキの中にレモンクリーム、周りにはキャラメルのコーティングのケーキ。
濃厚なケーキを希望していた私には、ピンポイント。
レモンの程良い爽やかさも、パティシエの好みが、なんとなく伺えます。

横目には、
a0257385_2132519.jpg

もうすぐ終わってしまうと言う、かき氷。
暑さが戻ってきた事を良いことに、主人がオーダー。
マンゴーかき氷の中には、パッションフルーツのジュレが。
一口の味見のはずが、スプーンが止まらなくなってしまいました。


写真は撮りませんでしたが、マカロン好きなYくんが、太鼓判を押す、マカロンだそうです(笑)。

ご馳走様でした。
[PR]
by ogiake | 2013-09-12 22:11 | 好きなひと・こと・もの | Comments(2)
Commented by ななほ at 2013-09-14 02:10 x
なんて素敵なエピソード。ランドセルに使おうっていう思いもまた素敵ね。
Commented by ogiake at 2013-09-14 09:04
ななほちゃん
素敵な贈り物、いざ、使わせていただく時が来たかと思うと緊張するわ。
勉強机なんかも考えたんだけど、今はリビングでの勉強が主流と聞いたから。
ランドセルも、種類が豊富でかえって困るわ。
<< キャベツで♫ コーンクリームでコロッケ >>