ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
梅遊び
我が家では梅仕事ではなく『梅遊び』という感覚。

お願いしていた和歌山県のばんじろう村の青梅。
a0257385_5164086.jpg

お店から入荷の連絡がきたのが、夕方近く。
新鮮なうちに仕込みたくて、急いで引き取りに行き。

日中の太陽が降り注ぐ中、ワイワイと作業をしたかったのですが、
その日のうちにと、母の願いで寝る前に。
a0257385_5242594.jpg

(Rくんのパジャマのボタン、1つついていませんね。笑)
子供たちと楽しく行うには、私の準備が必要。
子供がこぼしても笑っていられるように、
コルクボード、ビニール、大きめの和紙を敷いて準備万端。


“おいしくな~れ”と。
拭いたり、へたを取ったり、フォークで刺したり。

Rくんが梅をかじろうとした時に、Yくんがとっさに
“かじっちゃダメ。緑の時は毒があるから!”と。
子供は、覚えついることをこうやって伝えていくんだな、と微笑ましくて。


そんなこんなで、
a0257385_5173835.jpg

・梅シロップ
・梅醤油
・梅味噌

梅酒は、去年のものがまだあるので、今年はお休み。

あとは、Yくんにラベルを描いてもらうだけ。
今年はどんな絵になるのかしら?
元気に美味しく育ってね。
楽しみ♫
[PR]
by ogiake | 2014-06-11 05:15 | 好きなひと・こと・もの | Comments(0)
<< 梅雨でも食卓はすっかり夏色 小雨の降る中のサンドウィッチランチ >>