ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
『踊る!アート展 学ぶ!未来の遊園地』へ
主人不在の雨の日曜日。
私はテーブルウエアフスティバルに行きたかったけれど、私+男児2ひ人でアノ場は無理だよね~と、諦め、ゆりかもめに乗って向かった先は、
a0257385_05423983.jpg
日本未来科学館。
今回は常設展ではなくて、

お目当ては、チームラボの展覧会
a0257385_05422122.jpg
『踊る!アート展 学ぶ!未来の遊園地』

混んでいると聞いていたので、お得意の朝一で。
当日券をコンビニで購入し、会場の10時15分前に着いたところ、既に並んでいる・・・。
この奥に長い行列があるのですよ。

内容は、2部構成。
先ずは『踊る!アート展』
a0257385_05455923.jpg
デジタルが表現する美しさと可能性に一気に吸い込まれていき、写真では伝わらない世界。
テクノロジーは私には子供に説明できない領域。
〝感覚で遊んで!!!”。

そして、子供がとっても楽しんだ
『学ぶ!未来の遊園地』

8つくらいの体験できるブースが。
Yくんがの1番のおすすめは、
a0257385_05470115.jpg
3Dお絵かきタウン。
用意してくださってある塗り絵に色を塗り、
a0257385_05472767.jpg
フロジェクターで読み込んでもらうと
a0257385_05483607.jpg
びゅ〜ん と、巨大画面に出てきたー!
自分の作品が映し出され、そりゃ嬉しいよね。

Rくんのお気に入りは、
a0257385_05492513.jpg
光のオールでオーケストラ。
ボールを回すと色が変わり何とも素敵な色合い。
まして、1メートルも身長がない彼が見る世界はどんなだろう。

他に、
a0257385_05535032.jpg
小人が住まうテーブル。
机の上に置いたものに反応して小人が勝手に動きだすのでいつまでも飽きない面白さ。

他にも色々。

正直、デジタルアートは私はあまり興味がなかったんです。
でも、これからの子供にとってデジタルは必要というか当たり前の世界。
だから、体感して欲しい。
こんな風にも面白く美しく表現できるという可能性があることが 彼らの心の片隅に残ればいいです。

そして、今回の展覧会は『共創(きょうそう)』。
今の子供は個々での活動が多いけれど、みんなで作り上げていく大切さのメッセージが。

そんなメッセージが込められた中、一通り楽しんだらおなかがすいて気が付いたら1時近く。
退場をして、綺麗な館内にはフリースペースが多く、最上階でお弁当。

その頃には、入場までに2時間待ちになっていました。

お弁当を食べ終わった時は、まだ午後も早い時間。
ブラブラしたい母も気遣うことなく
Yくん「帰ってLEGOがしたい」
Rくん「いーねー」
と盛り上がり、未来科学館を後に。

どこかオサレ~なカフェでお茶することもなく、
a0257385_05543700.jpg

地元の駅ちかの果物屋さんがやっているジューススタンドで一休み。
・長崎西海みかんジュース
美味しい~。

そんな雨の日曜日。




[PR]
by ogiake | 2015-02-09 05:41 | 息子たち | Comments(0)
<< テーブルウエアフェスティバル2015 酒粕Part2 >>