ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
テーブルウエアフェスティバル2015
今年のテーブルウェアフェスティバルは行けないかな、と諦めていましたが、最終日の最後の最後に願い叶って。
a0257385_05434069.jpg
子供と手を繋ぐのに必死で、素敵なテーブルウエアの数々の写真を撮れなかったのが残念。

日々の食事は いただくものが主役で、器は主役を引き立たせる道具。
でも、その道具の存在はとてもとても大きい。

食洗器でささっと洗いたい、器の表情が変わっていくのをゆっくりと楽しみたい、などなど、ライフスタイルによっても多種多様。
そんな中でも、TPOをわきまえてトータルバランスが大事。

お洋服と同じで着る人、着る服にその人が表れるように、器もその人が表れる。
たくさんのテーブルウエアが展示販売されているイベントは、自分好みに刺激を与えてくれるそんな催事。



輪島 大崎庄右エ門の悦子さん、
輪島 蔦屋漆器店の佳子さん、
のブースはマストです。
a0257385_05441380.jpg

大崎庄右エ門の頑固箸は、Yくんが無作法に使ってもびくともしないほど頑固。
そして、使い込んだ手触りの変化は子供でも本人が一番わかると。
なので、お箸を使い始めたRくんにもプレゼント。

子供たちの一番の思い出は、佳子さんから今年も『しません』をいただいたことだそうです。
能登の恵み おせんべい『しません』、美味しいもんね。

今年も有難うございました。





[PR]
by ogiake | 2015-02-10 05:42 | 好きなひと・こと・もの | Comments(0)
<< 水切りヨーグルトでフルーツサンド 『踊る!アート展 学ぶ!未来の... >>