ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
瑞鳳のちまき
街の小さな小さな銘店、台湾料理屋『瑞鳳』。
主人は15年くらいのお付き合いでも、何故か私は伺う機会がなくて。
夜だけ営業してるお店は主人にとっては呑み屋的な存在。

台湾赴任中の兄から
「台湾の雑誌に瑞鳳のちまきが美味しいと載っていた。」
と、聞いた事も。

久しぶりに主人が飲みに行くと言うので、
「ちまきのお土産を宜しく〜。」
と見送り就寝。

楽しみに起きて、ちまきを探しましたが少し時間がかかってしまい、その理由は、
a0257385_07543196.jpg
えっ?!
ちまきって、竹の皮に包まれてあるんじゃないの?!
ちまきって、三角じゃないの?!
以前は三角で竹の皮に包まれていた記憶が・・・。

寝ている主人に理由を聞く程でもなく
「ちまきは売り切れの時もある。」
と、聞いた事もあるので、何か事情があるのねと、
a0257385_07562818.jpg
蒸し直して。
ん〜台湾の香り。
ちまきで子供の朝ごはん。
a0257385_07591128.jpg
・長葱たーっぷりのもずくスープ
・いただきもののラフランス
・みかん

八角と黒胡椒が効いたちまきは大人のお味。
豚バラの脂がご飯に絡んで美味しい。

緑がないね。
緑は夜食べよう。

[PR]
by ogiake | 2015-11-13 07:46 | おうちごはん | Comments(0)
<< 麻婆ニラ豆腐 あまり野菜で五目ちらし寿司 >>