ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
<   2013年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
夏の定番お野菜で揚げ浸し
Yくんに“お夕食は何いい?”と、聞くと、
畑にお茄子やズッキーニが生り始めた頃から、決まって
“ラタトゥイユ”と。

トマト・お茄子・ズッキーニはYくんの大好きなお野菜。
ラタトゥイユは、簡単・美味しい・栄養たっぷり、
でも、そう毎日は・・・。

基本の材料は常備しているので、
a0257385_15244789.jpg

・夏の定番お野菜で揚げ浸し

パプリカは、揚げてから漬ける前に皮を剥くと、剥きやすく、口触りも良く、甘味も増します。

美味しいお出汁にお醤油と味醂。
なんてことないお料理ですが、素揚げの油油気で食も進み、
ほっと落ち着く1品。

器もよそ行きで無い、肌感の柔らかな深鉢で。


今日で、6月もお終い。
今年も半分が過ぎました。
新年に想った事をゆっくりと思いだして、リセットしたいと思います。
[PR]
by ogiake | 2013-06-30 21:00 | おうちごはん | Comments(2)
手間ひまかかったお菓子
主人の仕事関係の知り合いの方で、日本料理の料理人さんがいらっしゃいます。
お店は、銀座にある、お客様は昼食・夕食と各1組のお店。

ご主人がお作りになられたお菓子をいただきました。

先月は、
a0257385_6315059.jpg

・水羊羹

私は水羊羹は大好き。
今までにいただいたことがない舌触りと口どけ。
小豆のお味が濃くてとても美味しかったです。

そして、先日は、
a0257385_632296.jpg

・マンゴーのタルト

薄いタルト生地とフレッシュマンゴーん間には、パッションフルーツクリームとほんの少しのカスタードクリーム。
パッションフルーツクリームは絶品。
感激させていただきました。

器は、豚肉のトマト南蛮の後にいただいたので、同じシリーズのお皿で。
(クリームが綺麗に盛り付けできませんでした)


ご夫妻だけで営まれているお店は、1組のお客様に精一杯のおもてなしをなさっていらっしゃるそうです。

良質な材料で、手間暇かけたお料理、銀座の風格が感じられます。


お食事はいただいたことがありませんが、いつかお席についてみたいです。

ご馳走様でした。
[PR]
by ogiake | 2013-06-30 09:11 | パン・お菓子 | Comments(0)
豚肉のトマト南蛮
どのくらい前のことでしょう。
病院の待合室で見た雑誌のレシピを、メモせず必死に暗記し、まんまと忘れ、“たしか・・・”で、作りったにもかかわらず、美味しくて、
それ以来、夏の定番メニューになったのは
こちら、
a0257385_20485720.jpg

・豚肉のトマト南蛮
  今日のお野菜は、茄子、ズッキーニ、南瓜、とうもろこし

①豚ロース肉に切り込みを入れ、塩麹+カレー粉を付ける
②昆布出汁と湯むきしたトマトを少し煮て、味醂を入れ、
 ミキサーにかける。そこに、お醤油・お酢・大蒜スライスを
 入れる
③豚肉と切ったお野菜を焼く
④③を②に1時間くらい漬ける

作り方は、年を経てかわり、今回はこんな感じで。

豚肉にカレー粉を付けますが、いただく時には、どこえやら。
カレー粉、トマト、お酢、どれも主張することなく調和して。
豚肉の甘みも引き立ち、
不思議だけど、とっても美味しいトマト南蛮。


器は、ナイフ&フォークでいただこうと思い、洋皿にしましたが、和のお出汁を使ったお料理なので、やっぱり和食器にすれば良かったと後悔・・・。
[PR]
by ogiake | 2013-06-28 21:20 | おうちごはん | Comments(0)
Food Mate Kitchen夏の特別クラス
Food Mate Kitchenの夏の特別クラにRくんと、行って参りました。

春の特別クラスに引き続き、アジアンクラス。
前回もとっても簡単・美味しいレシピですっかり、我が家の定番に。

今回は、
a0257385_1424325.jpg

★ココナッツグリーンカレー
 辛い!でも、美味しい!
 幾つかのコツで、とっっっても美味しく完成

★タイ風さつま揚げ
 白身をミンチし、むっちりとした食感
 アジアンテイストが強過ぎず、活用できそう 

★サラダ風生春巻き
★スウィートチリソースとピーナッツソース
 生春巻きは、巻くコツがあり、綺麗な仕上がりに
 ソースは2種とも絶品

a0257385_14243685.jpg

Rくんも、生春巻きの生野菜以外は完食。
特に、カレーがお気に入り。
モリモリといただいていました。

Rくん用のカレーは、ココナッツミルクにカレー粉で、
ほぼ同じ材料で、別のお鍋でささっと出来てしまいました。
これでしたら、大人は辛いグリーンカレーを、
子供はクリーミーなココナッツカレーを、
一緒に楽しめそうです。

a0257385_14243949.jpg

★マンゴープリン
 アップルマンゴーを使い、自然な甘さで濃厚
a0257385_14252971.jpg

Rくんも眼の色を変えて夢中でいただいていました。

今回も、とっても簡単で、ものすご~く美味しかったので、家族にも作りたいです。
自分のレパートリーにアジアンが増えて嬉しい。

幾つか買い足さなくてはいけない食材もありますが、この美味しさでしたら、購入しても余すことが無いかと思います。


どうも有難うございました。
[PR]
by ogiake | 2013-06-27 22:17 | お稽古 | Comments(0)
『つまみ食いセットとお酒』
転勤で台湾在住の兄が台湾マンゴーを送ってくれました。
a0257385_21362867.jpg

とってもジューシーで、濃厚。

ご馳走様です。

器は、まだ、ガラスの気分ではなかったので、花型の焼物に色を添えて。

マンゴーに含まれる、βカロテンは、細胞の老化を抑える抗酸化作用があり、お肌に良くがん予防に効果が期待できます。その他にも、葉酸や、食物繊維も多も多いので、女性に必須のフルーツです。

因みに、マンゴーはウルシ科ですが、皮を掻いた樹液で、塗り物が出来るのでしょうか。


雨の昨日今日は、Yくん・Rくんはお家遊び。
Yくんが“つまみ食いセットとお酒で~す”と、連呼。
即席に作った基地にお招きいただいたところ、
a0257385_2137929.jpg

・カブトムシの絵を描いたランチョンマット
・チーズ・ラフランス・生ハムなどを、
 フリスビーを裏にし器にした『つまみ食いセット』
・コップには『お酒』

『つまみ食いセット』→『おつまみセット』の間違えで、私が用意するお酒とおつまみプレートを真似たのでしょう。
大人は子供によく見られています。

それにしても『つまみ食いセット』って・・・。
Yくん、つまみ食いのし過ぎです。
突っ込みどころ満載のYくん。
[PR]
by ogiake | 2013-06-26 23:36 | 息子たち | Comments(0)
水餃子
久し振りの水餃子。

“これはウマイ!ウマイ!”と、Yくんが食べてくれた
もっちもち水餃子はこちら、
a0257385_055324.jpg

ん~美味しかった♫。

皮は、強力粉と水だけで、もっちもちに。
やっぱり手作りの皮は断然 美味しい。

皮が不細工になってしまっても、ご愛きょう、半分に包んで、端と端をくるりと合わせれば誤魔化せます。

具は、豚ひき肉・海老・ニラ・キャベツ・ごま油・お醤油・
お酒。

大人は、生姜とお葱たっぷりの、お酢ベースのピリ辛ダレ。
子供は、お醤油で。



我が家の食卓に、餃子のようなお料理が多い理由は、
宅配のお野菜セットにニラが入っている確率が高く、お味噌汁や、炒めたり、しますが、子供には、餃子が一番喜んで食べてくれるからです。

これからの時期、ガッツリと焼き餃子も良いですが、
トゥルっとさっぱりダレで水餃子の出番が増えそうです。


器は、どんなお料理も受け入れてくれる、深い味わいを
持った土物。
きっと、作家さんも、美味しいものがお好きでなんでしょうね。
[PR]
by ogiake | 2013-06-25 23:54 | おうちごはん | Comments(0)
いろりの里
家族の小さな祝事が重なったので、ランチに出かけました。
いつもよりも奮発して(笑)子供が喜んでもらえるレストランをと、選んだのはコチラ。
a0257385_20343554.jpg

竹林と、小川のせせらぎが迎えてくれます。
a0257385_20352399.jpg

お食事の前に、お茶室で一服いただきいます。
a0257385_20362437.jpg

全室個室、お部屋までの道は、鯉と一緒に。

サプライズで連れて行ったレストラン。
ここまでは、子供たちも“鯉だ~”程度。

ここからは、盛り上がりました。
a0257385_2037279.jpg

お食事が、SL機関車で運ばれてくるのです!!!。
お部屋からは日本庭園を眺め、でも、SL機関車が行ったり来たり(笑)。

大喜び。

しゃぶしゃぶ・すき焼き・ステーキのお店、いろりの里
歴史?年季?の入ったお店で(笑)、お肉だけは美味しかった(ごめんなさい)です。
お子様がいらっしゃる方、平日ランチがお薦めです。


主人は出張、私たちは外出が続いたので、
お夕食は連日 簡素に引き算で胃を休めています。
[PR]
by ogiake | 2013-06-24 21:17 | 外食 | Comments(0)
葡萄酵素ジュースWS
梅酵素ジュースWSに参加したばかりなんですが、
『幻の葡萄ベリーAが入荷、酵素ジュースWSを緊急開催』との告知をFBで拝見しました。

日曜日は主人が不在、
特に予定も無く、
Yくんに相談したら“行きたい!”と。

参加をお願いしました。
a0257385_20595469.jpg

La table du primeur ~ラ・タブル・プリム~の店内は、気持ちが良い空間。
“ローフードのきっかけになれば”とのことで、私の様な初心者でも気軽に伺え、感動的に美味しいお食事とスウィーツがいただけます。
a0257385_2102930.jpg

こちらが、幻の青い葡萄ベリーA。
無農薬の貴重な葡萄で、市場には出回らないそうです。
一粒いただいてみると、酸っぱい!!!でも、えぐみは無く、
後味は、爽やか♫。
a0257385_2105361.jpg

すもも・プラム・完熟梅・レモン・さくらんぼと一緒に
仕込みます。
a0257385_2111953.jpg

講師のMiccieさんが去年、作ったデラウエアの
酵素ジュース。
元気な酵素ジュースを飲むとお腹がグルグルしてきます。
a0257385_2114457.jpg

今日のYくんのお仕事は、しっかりとした葡萄の実を一粒一粒取ること。
切って切って、仕込みました。

a0257385_2124065.jpg

お楽しみの一つ、ローパティシエMiiさんのロースウィーツ。
ブルーベリーのローケーキは、紫陽花をイメージして。
周りには、レモン酵素ジュースで雨を表現なさっていらっしゃいました。アートです。

その他にも、ローアイスはローとは思えないほどの濃厚なチョコレート。

Miiさんのロースウィーツをいただくと、天才っているんだなぁと、しみじみと思います。

美味しかった~。
ご馳走様でした。


子供たちのお待ちかねは、
a0257385_2163282.jpg

発芽発酵玄米のおにぎり。
玄米を発酵させて手をかけて炊いていらっしゃるこちらも、酵素たっぷり。
お海苔もとっても美味しくて、一人一個のかぶりつきっぷりは、笑える程です。


青々しい葡萄の酵素ジュースのお味が楽しみです。
出来上がったら、またアップします。


家族の体を整えたくて参加したWSも今回で、6回目。
ご興味がありましたら、以前のWSのブログも
ご覧くださいませ。


今夜は、『スーパームーン』。
月が地球に最も近づく日。
お月さまが、一年間で一番 大きく見える満月の日。
残念ながら雲で隠れて見えませんが、空を眺めて深呼吸。

幼馴染のTちゃんのお腹の赤ちゃん、産まれておいで。
[PR]
by ogiake | 2013-06-23 22:28 | お稽古 | Comments(0)
太陽と雨雲
お昼間は、太陽が眩しくてキラキラ。

a0257385_216443.jpg

実家の3種類あるすもももの第一弾は、最盛期。
a0257385_2162696.jpg

すももは、血圧を下げるカリウムや、貧血予防の鉄分が豊富なので、女性に合った果物ですね。

ジャムやジュースも加工も考えましたが、やっぱり、フレッシュが一番。
次の種類は、酸味が強く、甘味が少ないので、次に、何か作ってみようかな。


夕方からは、雨がしとしと。
主人が出張の為、不在の母子は、
早めにお夕食と歯磨きを済ませて、
a0257385_2165310.jpg

近所の公園にカエルに会いに行きましたが、会えず・・・。

帰宅後は、お風呂に入って、絵本を読んで
“楽しい夢を見てね、また明日。おやすみなさい。”

子供たちが、ぐっすりと眠った後は、私時間。
今日は読書です。
[PR]
by ogiake | 2013-06-22 21:51 | 好きなひと・こと・もの | Comments(2)
梅仕事
夏至の今日は、何だか特別な気分。

子供たちが寝た後に、主人とお酒を飲みながら、子供たちのこと、引っ越しのこと、ゆっくりとおしゃべりをしました。
a0257385_21105420.jpg

チーズとクラッカーを、今年作りたての梅ジャムと一緒に。

私の梅ジャムは、2種類作ります。
普通の甘さ、と、私用に甘さ控えめ。
甘酸っぱさがたまらない美味しさ。

丹精込めて作ったものは、やっぱり、主人が作った器でいただきたいです。


先日、Yくんと作った、
a0257385_21102584.jpg

・梅酒
今年は、王隠堂農園の梅1キロと熊本の焼酎 豊永蔵。

今朝、Yくんが“美味しくな~れ”と、『梅の色々な気持ち』というタイトルの絵を描いてくれたので、一緒に瓶に貼りました。
上から時計周りに、
・怒っている梅
・照れている梅
・にっこりしている梅
・笑っている梅
・落ち込んでいる梅

時間があったらまだまだしたい、梅仕事。
[PR]
by ogiake | 2013-06-21 23:09 | おうちごはん | Comments(0)