ブログトップ
朱色日和
akebiyori.exblog.jp
<   2015年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧
やっとやっとの生姜シロップと生姜糖
秋の初め、新生姜が出始めた頃に作りたかった生姜シロップと生姜糖。
普段の家事、食事もままならないのに生姜仕事なんて無理で。

でも、今ならなんとかいけそう。
と、思ったのは先週のこと。
遅いかな〜と思ったけれど、
作れそう。
曇りが続いたけれど、
今週の金曜日はお日様マーク。
a0257385_17061072.jpg
高知県の新生姜1キロ。
a0257385_03194934.jpg
深夜に目が覚めて寝付けなかった夜な夜なに。
a0257385_03210361.jpg
お鍋にてん菜糖と入れて。
美味しくな〜れのスマイルがちょっとコワイ。
a0257385_03211864.jpg
一晩経ったら溶けてる溶けてる。
強火→弱火でアクを取りながらコトコトと。
a0257385_14225254.jpg
・生姜シロップ
出来上がり〜。
a0257385_13292126.jpg
生姜は行列。
お日様〜美味しくしてくださーい。

乾燥の間にランチ。
a0257385_13295051.jpg
このビジュアル、
a0257385_13301243.jpg
・沼サン風
『沼サン』の基本を知らない私はいつも好き勝手に。
今日はパンはトースト、粒マスタードたっぷり、ハム、チーズ、キャベツ、胡瓜。
最近 食べられる時のランチはサンドウィッチが多いかな。

午後には、いい具合に干せたので、
仕上げにお化粧をして、
a0257385_14405682.jpg

・生姜糖
出来ました。

私のおやつに。
私のお料理に。
楽しみ。




[PR]
by ogiake | 2015-10-30 14:40 | 好きなひと・こと・もの | Comments(0)
じゃが芋は煮崩れが好き@豆乳シチュー
肉じゃがでもカレーライスでも、じゃが芋は煮崩れているくらいが好き。
昨日の豆乳シチューもじゃが芋が煮崩れてとろみにいい具合。

1杯分残して今日のブランチ。
a0257385_16574236.jpg
朝一で通院だったので、えんこつ堂でパンを買って帰宅。
大好きなえんこつ堂のパンと一緒に。
欲張って、南瓜のベーグルも買っちゃった。
クリームチーズとレーズンそれにシナモン入り。
欲張って良かった美味しさ。

今回の豆乳シチューは、
ベーコン、えび、じゃが芋、人参、玉ねぎ、エリンギ。
オリーブオイルで炒めて、小麦粉を絡めて、豆乳を入れてコトコト煮込むだけ。
塩、胡椒でお味を整えて完成。

残り物のシチューは、具もあまり残っていないけれど美味しい。


[PR]
by ogiake | 2015-10-28 11:20 | おうちごはん | Comments(0)
鶏団子鍋
朝食は何とか、
お弁当も何とか、
お夕食はできる限り作りたい。
外出は出費が痛いですし、買ってきたものがガッカリのお味だと心が痛い。

作れると言っても、
a0257385_07545884.jpg
・鶏団子鍋
特にひねりもなく、しんぷるなお醤油ベースで鳥もも肉と肉団子。
下には白菜や人参、牛蒡がぎっしり。

翌朝はご飯、お餅、チーズを足して雑炊の朝食に。
温まってね。




[PR]
by ogiake | 2015-10-27 07:54 | おうちごはん | Comments(0)
大好きなばばちゃんの煮物のはずが
最近は、ほうれん草、小松菜は、茹でてお醤油をかけて、冷めたら絞って水切りをして保存しておく。
お醤油を少し含んでいるだけで、茹でておくだけよりも使いたい時の味がパッと決まる。

その小松菜、そろそろ使いたいけれど、胡麻和えなど簡単な1品とするのですら億劫で、
a0257385_04331311.jpg
・豚バラと大根の煮物
に入れました。
小松菜を食べるYくんですが、
「せっかくのばばちゃんの煮物に小松菜の味がして台無しだぁ。」
と、不服な様子。
そうだよね〜。ごめんね〜。

実家に用事があり、昨日の日中に私一人で実家に帰りました。
数日前から予定をしていたので、母に
「お夕食の足しになるようなものをお願いします。」
と、頼んだところ、足しどころか十分以上なお惣菜を用意しつくれていて。

・ポテトコロッケ
母のコロッケは、コーン入りで少し緩め
・豚バラと大根の煮物
角切りの豚バラは、主人の大好物
・ひじきの煮物
根菜もたっぷり

本当にありがとう。
ご馳走さまでした。


[PR]
by ogiake | 2015-10-25 04:32 | おうちごはん | Comments(0)
おで~ん からの おでんの炊き込みご飯
少な目に用意したつもりのおでんでしたが、私が食べられないことをすっかり忘れていて結局 残ってしまったおでん。
翌日の子供たちの朝食に、
a0257385_04424059.jpg
・おでんの炊き込みご飯
お汁と具を使ってた炊き込みご飯は、言うまでもなくおでんそのもの。

他に、
・かき玉汁
・残り物お惣菜ちょこちょこ
・果物

主人は、基本 果物とコーヒー。
私は、日によって。






[PR]
by ogiake | 2015-10-24 04:42 | おうちごはん | Comments(0)
おで〜ん
先月のこと、愛用の土鍋を落として割ってしまいました。
すっごく、すっごく気に入っていた土鍋が真っ二つ。
なみだ、ナミダ、涙。

その時は『冬はお鍋なんてししない!』と、感傷的になりましたが
『おでん食べたいなぁ』と、食欲の勝ち。
a0257385_16583122.jpg
お餅巾着はかんぴょうが無くて楊枝で。
ウィンナーは男児にマスト。らしい。
練り物は買いすぎ無いように。

朝 仕込んでお夕食に。
a0257385_04534045.jpg
さんま、大好き。
基本的な失敗を隠す為に向きは逆だけど美味しい。


サンタさん、いい子にするので土鍋をください。





[PR]
by ogiake | 2015-10-23 04:53 | おうちごはん | Comments(0)
ぬか漬け生活再開
ぬか漬け生活再開しました。
夏にダメにしてしまったぬか床。
過発酵してしまい、セメダインの匂いがしてどうにもこうにも修復不可能で泣く泣く手放したのは4ヶ月前。

ぬか床はやっぱり必要。
乳酸菌も摂れてお野菜もいただける。
なにより、美味しい。
ということで、今回は、陶磁器はなくホーローでもなく
a0257385_17005510.jpg
『いきいきペール』で。
こちらのバケツ、なかなかの優れものとか。
酵素ジュースをつくる為と、お味噌を作る為と、2つ持っているので、お味噌用ねか方をぬか漬け用に。

美味しくな〜れ、美味しくな〜れ。


実家の大根、葉がわっさわっさ付いていて良く目に付いてしまう。私に何か言いたげ。
はいはい、いつものにしてあげますよ。
と、
a0257385_17011536.jpg
・大根葉のふりかけ
大根葉は、天日干ししてからが私流。
あまりにも苦味が強く、子供たちが食べ無いのでは元も子も無いので、さっと湯がいて、いつもより気持ち味醂が多い甘め。

朝食は何とか準備して、日中に出来た台所仕事は以上。
お夕食は、お惣菜を買って来ました。

「体調が悪い時は買ってきたり、手を抜いて楽をして。」
と、言ってもらえて有り難いですが、買いに行くのも億劫だし、惰性で買って『いただきます』も、尚のことストレス。

Yくんのママ友は少ないですが、Rくんが幼稚園に入ってママ友にはとても助けられています。
子供を預かってもらったり、
今日もおやつの差し入れを届けてくれたり、
a0257385_17020190.jpg
・デーツ入りあんことパイ
私があんこ好きなことを覚えていてくれて。
初めてのデーツ入りあんこ。
ノンシュガーでヘルシーなのに甘くって美味しい。

日々、感謝感謝。




[PR]
by ogiake | 2015-10-22 06:00 | おうちごはん | Comments(0)
天ぷらの卵とじは懐かしの味
昨日の実家ランチは天ぷらうどん。
正確には、ざるうどんに天ぷらや畑のお野菜色々。

多めに作ってくれた天ぷらの残りは、はい、持ち帰らせていただきます。
a0257385_20244911.jpg
・人参、玉ねぎ、海老のかき揚げ
・さつま芋の天ぷら
・蓮根の天ぷら

温め直すだけでも美味しいけれど、
カツ丼の要領で
a0257385_20253675.jpg
・天ぷらで卵とじ
麺つゆの様な煮汁で天ぷらを軽く煮て、卵でとじる。
煮汁はすっきりと、卵は甘めがいいバランス。

家族になかなかの人気。
私の懐かしい母の味。

他に、
宅配のお野菜ボックスに
a0257385_20260101.jpg
日本のむかし野菜シリーズから
『マコモタケ』。

中華食材として使われることが多いみたい。
初めての食材は、添付のおすすめ通り、
a0257385_20272316.jpg
・鶏肉、ピーマン、マコモタケの炒めもの
んー、決してキノコでもなく竹の子でもなく・・・。
んー。

ご馳走さまでした。ということで。





[PR]
by ogiake | 2015-10-21 06:24 | おうちごはん | Comments(0)
サラダは生春巻きに
Rくんの振り替え休日の月曜日。
朝のうちにカレーを作って実家に行こう。
私が体調不良で動けなくても実家に行けば、ばばちゃんがいて畑とお庭があるからRくんを遊ばせてあげられる。

そんな私なので、主人の家事の負担も増えた最近。
昨晩は労いの気持ちを込めて
「たい助に呑みに行ってきたら?
たい助のサラダをお土産にお願いしまーす。」と。

で、日をまたいでサラダは
a0257385_20065241.jpg
・生春巻き
に、アレンジ。
Yくんは、生野菜は進まないので、チーズなど好きなものを入れて生春巻きでまいちゃう。

実家のハナミズキは夏の色を変えて、
a0257385_11021060.jpg
秋を愉しませてくれるお顔。

ど迫力の
a0257385_11025607.jpg
鬼柚子は、お正月に向けて黄色く色づいてきたり。

私はのんびりど
a0257385_07555117.jpg
酸っぱいざくろをチビチビと味わう。


[PR]
by ogiake | 2015-10-20 11:06 | おうちごはん | Comments(0)
三つ子の胃袋百まで
『三つ子の魂百まで』と言うけれど、
胃袋も同じだと思う。

赤ちゃんでも食べ物の嗜好はそれぞれ。
でも、乳幼児期は与えられたものの中から食べるしか選択肢は無くて、その間の心と体の記憶というか染み付いた感覚は深いと思う。

病気がちなYくんがよく食べていたものは、おかゆか、お魚、海藻類、お肉、お野菜、大豆製品をまんべんなく。
おやつは、リンゴの葛煮が多かったかな。
離乳食が始まってからは、全然 食べなくて試行錯誤、悪戦苦闘でしたが、今ではクラスで1.2を争う食いしん坊に。

そんな彼は、肌寒くなっても半袖スタイル。
ただ、「寒いから、朝ごはんはおかゆにして!」と言います。
寒いなら長袖を着ればいいのに。
a0257385_13204867.jpg
・Yくんの朝食膳
土曜日でもRくんの幼稚園があったので、おかずはお弁当と一緒。
おかゆは、生米をお出汁で炊く時もあればお水で炊く時もあって、水加減は適当なので、出来はその日によって。

彼が一番好きなのは、お出汁・大根・卵・お塩の組み合わせ。
冬になると里芋のおかゆももちもちして好きかな。
フーフーしながらいただく熱々おかゆ。

生後6ヶ月から喘息が始まって、おかゆを食べた日が多かったから、体を整えるのに自然と選ぶのだと思う。
(因みに、Rくんはおかゆは好きではないので、普通に炊いたご飯を食べます)

彼らが成長してファストフードに行く機会も増え、ジャンクフードが好きになるかもしれません。
でも、幼子の時の感覚。
胃袋が懐かしんで、幼少期に食べていたようなものを食べたくなる時があると思います。
そんな時がくるといいな。







[PR]
by ogiake | 2015-10-18 05:58 | おうちごはん | Comments(0)